浜ちりめんを身近に置いてみませんか?

キマワシでは今回、浜ちりめんの小物の取扱をはじめました。
でも、浜ちりめんを知らない方もいらっしゃると思います。
そこで、浜ちりめんそのもののご紹介をさせてもらいます。
 

まずは「ちりめん」ってなに

ちりめんは絹を織物ことというのは皆さん知っていると思います。
絹は蚕(かいこ)の繭からとった動物繊維ですね。
そしたら絹の織物って光沢のあるイメージはありませんか。
でも、ちりめんはおる時の横糸に強い撚り(より)があるものを使っているので表面にシボという凹凸が出来るのが特徴です。
しかも撚りも右回りにねじられた右よりと逆の左よりを交互におるというので本当に細かな技術になります。
有名なものが京都の丹後ちりめんと滋賀県の浜ちりめんだと言われていて、和装の生地として使われているのです。
af-1001_05
 

ちりめんが長浜で織られるようになった理由

そもそも滋賀県では、1000年以上前から絹織物を生産していました。
実際に織物だけではなく長浜には蚕を育てる桑を使ったお酒「桑酒」や琴糸(琴の糸は絹)の文化も残っています。
ちりめんの技法は豊臣秀吉の時代に中国から伝わり、秀吉が天下統一をした後、堺から京都(西陣)、丹後に伝わったと言われています。そして江戸時代に中村林助と乾庄九郎の2人が丹後から長浜に伝えて、丹後ちりめんにも負けない織物として有名になりました。
このあたりのお話はWikipedia先生を読んでもらうと良いと思います。
 

浜ちりめんを着れる機会

そんな浜ちりめんですが、段々と日本でも着物を着る機会が減ってきました。
ただ、滋賀県の長浜市では和装が次の時代に伝わるようにと秋から冬に向けて和装のイベントを開催しています。
まずは秋に行われる「長浜きもの大園遊会」と「長浜きもの大學」そして冬の長浜きもの早春の集い」。
女性だけではなく男性も着物で楽しめるイベントなので、ぜひ参加してみてください。
photo_n_1
 
浜ちりめんは長浜に300年以上前から伝わる伝統文化ですが、現在では着物だけではなく、ウェディングドレスも作られるようになってきました。
当店の浜ちりめん小物も伝統のある浜ちりめんの生地、昔ながらの和柄に大胆な色使いをした新しい浜ちりめんの世界です。
ぜひ一度、ごらんください。
 
g_afumico_01
 

投稿日:

カテゴリー:ブログ

江戸時代はエコ時代

現代はエコやリサイクルのことをよく耳にしますが、日本で(もしかしたら世界でかも)もっともリサイクルが盛んに行われていた時代を知っていますか。
答えは、もうタイトル通り江戸時代なのです。
江戸時代はリサイクルな職業も一杯ありました。そんな職業のことを少し書いてみましょう
 

まずは着物のリサイクル

現在でもお母さんが来ていた振り袖を現代風にアレンジをしてお子さんが着ていることをはありますよね。
しかし、江戸時代は古くなった着物を徹底的に再利用しました。
例えば、
着られなくなった着物をオシメや雑巾に使う。
それでも使えなくなったものは釜の焚付に使う。
残った灰は灰を買い取り業者がいて買い取っていったそうです。
買い取った灰は農作物の肥料や洗剤、染料、傷薬など使える万能品でした。
灰まで活かすところがすごいですね。
 

紙くずの再利用

今も廃品回収はありますが、使用済みの紙(古紙)は江戸時代から再利用されています。
使用済みの帳面や紙を古紙問屋に売る紙くず買いや、道端の紙を拾い集めて売る紙くず拾いという職業も合ったようです。
回収された紙は、漉き返してトイレで使われていました。
 

蝋燭の蝋を買い取って再利用

電気の無い時代、灯りの元は火ですよね。
行灯なら油、蝋燭は高級なので大名家や大店、料亭、遊郭などで使われていたようです。
蝋燭を燃やせば、蝋が溶けて流れていきます。その蝋も買い取り更に蝋燭に作り直す。
そこまでリサイクルをしていたのです。
 
 
 
その他にも瀬戸物接ぎ、鋳物接ぎ、雪駄直し、下駄直し、提灯の張替え、傘の張替え、人の排泄物も肥料として買い取られていたのですからすごい循環社会ですよね。
世界がエコやリサイクルを言う時代に私たち日本人の歴史にはこんな社会があったことを誇りに思って、少しでも江戸時代を見習ってみましょう。
 
私たちの販売する「のこりぞめ」も江戸時代にリサイクル社会にはまだ及びませんけど、再利用から出来た商品です。もしよろしければぜひご覧ください。
のこり染め

投稿日:

カテゴリー:ブログ

栃木レザーへのこだわり

使い込むほど味がでる革製品。
当店でも革の手帳型iPhoneケースを販売しています。
とくに当店の商品は日本で最高の革を製造する栃木レザーの革を使用しています。
でも、栃木レザーってなんとなく革のブランドらしいけど、よく知らないという方もいらしゃるのではないでしょうか。
010
 
 

そもそも「皮」と「革」のちがいは

単純に言ってしまうと最初、動物からとったものが「皮」で、加工して製品を作れるようにしたものを「革」といいます。
 
もともと単純に動物の皮は、そのままにしておくと腐ってきますし、どんどんと固くなってきます。
それを防ぐために樹液や金属系の薬品に漬け込みます。この加工を「鞣し(なめし)」と言って、各革メーカーさんで独自の方法があります。
ちなみに革を製造する仕事のことをタンナーと読んでいます。
img_4460
 

栃木レザーの生み出す会社

栃木レザーは名前のとおり栃木に本社のある革メーカーで1937年に創業をしました。
手間が掛かる昔ながらの鞣し行程を守っています。
また自然の樹脂から取れた素材で鞣しているのも特徴です。
 

栃木レザーの製造方法

栃木レザーはタンニン鞣しをという方法で製造しています。
タンニン鞣しは植物に含まれるタンニンを利用した鞣し方法ですが、その方法にもドラム製法とピット製法の2種類があります。
あれ、ドラム製法って洗濯機みたいと思った方は正解です。
巨大なドラム缶にに皮とタンニンを入れてぐるぐる回してタンニンを皮に浸透させます。
まさにドラム式洗濯機と同じです。
 
これに対してピット製法は巨大にな水槽にタンニン溶剤を入れて、そこに皮を漬け込んでいくのですが、濃度の薄い溶液から濃い溶液に少しずつ入れていくという手間が掛かる方法です。
 
ドラム製法は比較的大量に短い時間で鞣しができるのに対して、ピット製法は自然に浸透させるため時間はかかりますが、皮に負担がかかず、タンニンがしっかり浸透するので堅牢な革になります。
 
ピット製法は国内は現在、国内ではほとんど行われていませんが、栃木レザーはピット製法にこだわり製造しています。
 

栃木レザーと姫路レザー

栃木レザーは日本で最高の革を製造するメーカーと書きましたが、革製品が好きな人はもう一つ姫路レザーも知っておられるのではないでしょうか。
大きな2つの違いは金属系の薬品(クロム)を使っているかいないかです。
姫路レザーはタンニン鞣しとクロム鞣しの両方を使います。
栃木レザーはタンニン鞣しです。
どちらが良いというのではなく、栃木レザーは使うほどに味わいがでる、姫路レザーはあまり変化がないので元の色が保てるというのが特徴です。
 

まとめ

最近では革製品もピンからキリまでありますが、元の素材にもこだわって使うものは選びたいですね。
そうやって選ぶとより愛着も湧きます。とくに栃木レザーは使うことによって、より味わいが出る革です。
お店でもデザインだけではなく、そんなところも注目をしてみて、自分の使うものを選んでみてはどうですか。
img_7357

毎日使うタオルの選び方の気になるポイント|サイズ・素材・ブランド

img_0377

あなたがタオル選びに重視したいところはどんなことですか?
ブランド、吸水性、肌触り(柔らかさ)。
人それぞれ目的があると思います。
サイズごとの用途も含めて、紹介していきたいと思います。

 

まずはタオルのサイズごとの使いみちから

タオルハンカチ

一般的にポケットに収まるサイズのもの。

手や顔の汗などを拭くためのハンカチです。

約30×30cmのもの。

 

ハンドタオル

フェイスタオルとは主に顔や手を拭くためのタオル。

主に洗面台、トイレ、キッチン等の場面で使われています。

約20×20cmのもの。

 

フェイスタオル

タオルハンガーに掛けて使えるサイズ。

主に顔や手を拭くのに最適です。

約34~35×75~90cmのもの。

 

スポーツタオル

首に掛けられて、顔の汗を拭くのにちょうどいい幅です。

主にジョギング、ゴルフ、テニスなどのスポーツに最適。

約20~40cm×100cm~130cmのもの。

 

マフラータオル

スポーツタオルに比べ、縦幅が細く首にかけるのに適したタオル。

主にスポーツ観戦や、ミュージシャンのライブのツアーのグッズに使われます。

20~25cm×100cm~110cmのもの。

 

バスタオル

シャワーや入浴後の体の水分を拭くのに適したサイズ。

50~75cm×130cm×140cmのもの。

 

ブランドで選びたいなら!

三大タオルブランド

今治(愛媛県今治市)・おぼろ(三重県津市)・泉州(大阪府、泉州地域)の特徴を紹介。

 

今治タオル

タオルが水中に沈み始めるまでに要する時間が5秒以内。

洗わなくても使い始めから水を吸うタオルと今治独自の品質基準で定められています。

汗や水分を素早く吸収するので、べとつかずお肌にもやさしいのが特徴です。

 

おぼろタオル

40番手の細い糸を使用しています。

同じ番手を使用しているタオルに比べて、タテヨコの打ち込みを粗くすることでふんわり柔らかい質感を実現。

細い糸を使用していることで、石鹸をつけると泡立ちがきめ細やかになります。

柔らかな肌触りがずっと続き、敏感肌でも使えるので安心です。

薄手で手に馴染みやすく、女性でも楽に絞れます。

 

泉州タオル

後晒(あとさらし)製法と言う特別な製法を採用。

さらしとは油分、不純物をすべて取り除き、漂白・水洗いすること。

後晒は”さらし”をタオルが織りあがった後で行います。

その後晒を行うことによって吸水性に優れた肌触りの良い泉州タオルが出来上がります。

 

素材で選びたいなら!

タオルと言えば綿!綿以外にもいろいろな種類の素材があります。

それぞれの特徴を紹介します。

 

綿(コットン)

タオルと言えば綿ですね。

ふんわり柔らかいのが特徴です。

よく言われるオーガニックコットンとは厳しい管理のもと、3年以上化学肥料を使わない農地で栽培された綿のこと。

 

リネン(麻)

薄いリネンは、弱そうなイメージですが、耐久性は抜群。

コットンよりも水の吸収力に優れています。

 

ガーゼ

ふわっと、もちっとした肌触り。

伸縮性、吸水性、速乾性にも優れ、厚みもあります。

 

ワッフル

凸凹のあるタオル。さらさらの肌触りで、吸水性◎

乾きやすいのもワッフルの特徴です。

 

まとめ

サイズ、ブランド、素材のことは分かりましたか?

用途に合ったサイズ。

安心の3大タオルブランド。

そして、素材ごとにその習性はちがいます。

その習性を知ったうえで、自分の目的に適したタオルを見つけるのも一つかもしれませんね。


初めての御朱印集めガイド|マナーや基礎知識

名称未設定-1

DSC_0011_02 

御朱印とは元来、参拝者が写経し寺に納めた際にいただく印でした。

現在では納経しなくても、神社仏閣でおまいりした証しにいただくことができます。
それでは、ご朱印集めの基本をみてみましょう。

 

神社と寺院の違い

 

神社とお寺の簡単な区別方法は
「お墓のある所がお寺で、鳥居のあるのが神社」
もう少し詳しくお寺と神社の区別方法を説明しますと
「神社は神様が住む場所、寺院は僧侶が住み教義を勉強する場所」といえます。

 

神社の正しい参拝の仕方

 

1、鳥居の前で衣服を整え一礼


 お辞儀でご挨拶を(鳥居をくぐる前に一礼をします)
 参道の真ん中は神様の通り道と言われています
 神様の通り道をふさがないよう左右どちらかによって歩きましょう。

 

2、手水舎(ちょうずや、てみずや)で身を清める


1)右手で柄杓(ひしゃく)を持ち左手を洗う
2)左手に持ち替え右手を洗う
3)右手に持ち直し、左手で水を受けて口をすすぐ
 柄杓に直接口をつけないようにしましょう
4)口をすすいだ左手を清めるため、もう一度左手を洗う
5)柄杓を縦にして柄の部分を流す
6)もとの場所に柄杓を伏せて置きましょう

 

3、参拝をする


1)一礼し、お賽銭を入れて鈴を鳴らします
2)深く2回お辞儀をする(二礼)
3)右手が少し下になるように手を合わせ、柏手を2回打つ(二拍)
4)深くお辞儀をします(一礼)
 出雲大社、宇佐八幡は「二礼四拍一礼 」

 

深くお辞儀をする際にやること・・


神様にお願いごとではなく「誓い」をしましょう!
自分の名前と住所
神様へ感謝の言葉(いつもお見守りいただきありがとうございます…など)
お願いごとではなく誓いをお伝えする(~を頑張りますお見守りください…など我欲の願い事は×)

日々、生活ができていることを神様に感謝し、
我欲のお願いごとではなく、
これから頑張りたいことなどを神様に誓い、見守っていただけるようにお願いをします。

 

寺院の正しい参拝の仕方

 

1、山門の前で一礼


 お寺にある山門の敷居は踏まずにまたぎましょう。

 

2、手水舎で身を清める

 

1)右手で柄杓(ひしゃく)を持ち左手を洗う
2)左手に持ち替え右手を洗う
3)右手に持ち直し、左手で水を受けて口をすすぐ
 柄杓に直接口をつけないようにしましょう
4)口をすすいだ左手を清めるため、もう一度左手を洗う
5)柄杓を縦にして柄の部分を流す
6)もとの場所に柄杓を伏せて置きましょう

 

3、お線香を上げる


 お線香の香りは神仏の食べ物ですので
 他人の立てたロウソクから火を点けると、
 その人の「業」を貰い受けることになるので、点けないようにしましょう。

 

4、参拝をする


1)一礼し、お賽銭を入れて鈴を鳴らします。
2)胸の前で合掌して祈願する
3)一礼する
 柏手は打たないように注意しましょう。

 

御朱印がもらえるところ

 

≪神社の場合≫


全てではありませんが、神社ではいただけるところが多いようです。
宮司さんがいらっしゃるところではいただける可能性が高いです。
参拝をした神社で御朱印がいただけるか確認してみましょう。

≪お寺の場合≫


特に宗派で決まっているわけではありませんが、
関西以西に多い浄土真宗のお寺では出していないところが多く、難しいと思われます。
ご祈祷をされているお寺の多くはもらえるので、お寺に参拝した際にいただけるか聞いてみましょう。

 

御朱印代


寺社によって異なる所もありますが、一頁、300円の所がほとんどです。
お気持ちをお納めくださいと言うときは300円程度が良いでしょう。
お釣りは、一般的にはいただけますが、お釣りがでないよう予め小銭を用意しておくのがエチケットです。

 

朱印を依頼するタイミング


朱印はもともとお寺で写経をして、そのお経をお寺に納めた証として発行される証明書のようなものですので、現在は納経料を払えば、実際にお経を納めなくても書いてもらえますが、マナーとしてお参りの後に頂きましょう。
基本的には参拝してから朱印を書いてもらいますが、
お寺や神社によっては参拝している間に書いて頂けるところもあるようです。

 

御朱印帳をわすれた際


半紙で御朱印を授与いただくという方法があります。授与所で「今日は御朱印帳を忘れたのですが・・・」といえば、半紙に書かれた御朱印を授与いただくことができます。
半紙で御朱印をいただいた場合、一般的には、手持ちの御朱印帳に貼り付けることが多いようです。
また、半紙のまま、写真アルバムのように入れて保管する方法もあるようです。
管理する方法にルールはないので自己流の管理方法を見つけるのも一つの楽しみ方かもしれません。
御朱印帳を持ち歩くポシェットなどがあると、忘れるということも少なくなりそうですね。

 

まとめ


神様、仏様に感謝する気持ちを忘れずに、それぞれの神社・寺院のマナーを守り気持よく御朱印を集めましょう。

御朱印帳の持ち運びには御朱印帳を入れるポーチやケースがあると便利ですね。

DSC_0016


おしゃれでかわいいエプロンの形|3タイプ

おしゃれでかわいいエプロンをつけたい。
エプロンの本来の目的は「服を汚さないため」。
かわいいエプロンをつけると気分もあがり、
家事や仕事にも力が入りますよね。
他にも料理教室に通うことになったりホームパーティーをする時
そんな時に、おしゃれでかわいいエプロンが欲しくなります。
エプロンには大きく分けて3種類
今回はその中でどんな形、名前のエプロンがあるか紹介していきたいと思います。

おしゃれな前掛けエプロン
(ウエストから膝丈までを覆うことができるもの)
おしゃれな前掛けエプロン

 

 

 

丈40cm前後:ギャルソンエプロン(カフェエプロン)
丈60cm前後:サロンエプロン
丈80cm前後:ソムリエエプロン

 

 

 

カフェやファミレス、主に飲食店でよく目にします。

どんな年代の方にも合い、つけ外しが簡単。
料理教室やホームパーティーには最適ですね。
店舗用として親しまれてきましたが
家庭用としておしゃれに着たりと幅広い分野で使って頂けるデザインです。

 

 

 

豊富なバリエーションの胸当てエプロン
(胸部から下半身全体を覆うことができるもの)
ま

 

 

丈60cm前後:ショートエプロン
丈80cm前後:エプロン
丈100cm前後:ロングエプロン

 

 

 

 

家庭や、飲食店でよく見かける形です。

一般的にエプロンと言ったらこのエプロンを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
このタイプには
X字型(クロス型)、H字型、Y字型、首掛け型、かぶり型、ストレート型、ベスト型があり
すっぽり被るタイプと、後ろや前で結ぶタイプがあります。
後姿も可愛くきまるのは胸当てエプロンの特徴です。

 

 

 

昔ながらの割ぽう着
(胸元から膝丈までを覆い長袖タイプのもの)
わ

 

 

 

 

 

 

 

 

袖がめくりやすく、袖口が汚れにくいので、
明治15年日本で最初の料理学校「赤堀割烹教場」の創設者が、
女性達の着物が汚れないようにと「割烹着」を考案したそうです。
また、割ぽう着ですと油の飛び跳ねや、調味料の飛び散りから
衣類を守ってくれる役割も果たします。
最近では割ぽう着の良さを見直して、白の割ぽう着のイメージとは違う、
おしゃれなデザインのエプロンも出てきています。

 

 

まとめ

エプロンの本来の目的は「服を汚さないため」ですが、
目的に合った形選びも大事になってきますね。
あなたのお気に入りの形を選んで、
目的に合ったデザインのエプロンを見つけましょう。