おしゃれでかわいいエプロンの形|3タイプ

おしゃれでかわいいエプロンをつけたい。
エプロンの本来の目的は「服を汚さないため」。
かわいいエプロンをつけると気分もあがり、
家事や仕事にも力が入りますよね。
他にも料理教室に通うことになったりホームパーティーをする時
そんな時に、おしゃれでかわいいエプロンが欲しくなります。
エプロンには大きく分けて3種類
今回はその中でどんな形、名前のエプロンがあるか紹介していきたいと思います。

おしゃれな前掛けエプロン
(ウエストから膝丈までを覆うことができるもの)
おしゃれな前掛けエプロン

 

 

 

丈40cm前後:ギャルソンエプロン(カフェエプロン)
丈60cm前後:サロンエプロン
丈80cm前後:ソムリエエプロン

 

 

 

カフェやファミレス、主に飲食店でよく目にします。

どんな年代の方にも合い、つけ外しが簡単。
料理教室やホームパーティーには最適ですね。
店舗用として親しまれてきましたが
家庭用としておしゃれに着たりと幅広い分野で使って頂けるデザインです。

 

 

 

豊富なバリエーションの胸当てエプロン
(胸部から下半身全体を覆うことができるもの)
ま

 

 

丈60cm前後:ショートエプロン
丈80cm前後:エプロン
丈100cm前後:ロングエプロン

 

 

 

 

家庭や、飲食店でよく見かける形です。

一般的にエプロンと言ったらこのエプロンを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
このタイプには
X字型(クロス型)、H字型、Y字型、首掛け型、かぶり型、ストレート型、ベスト型があり
すっぽり被るタイプと、後ろや前で結ぶタイプがあります。
後姿も可愛くきまるのは胸当てエプロンの特徴です。

 

 

 

昔ながらの割ぽう着
(胸元から膝丈までを覆い長袖タイプのもの)
わ

 

 

 

 

 

 

 

 

袖がめくりやすく、袖口が汚れにくいので、
明治15年日本で最初の料理学校「赤堀割烹教場」の創設者が、
女性達の着物が汚れないようにと「割烹着」を考案したそうです。
また、割ぽう着ですと油の飛び跳ねや、調味料の飛び散りから
衣類を守ってくれる役割も果たします。
最近では割ぽう着の良さを見直して、白の割ぽう着のイメージとは違う、
おしゃれなデザインのエプロンも出てきています。

 

 

まとめ

エプロンの本来の目的は「服を汚さないため」ですが、
目的に合った形選びも大事になってきますね。
あなたのお気に入りの形を選んで、
目的に合ったデザインのエプロンを見つけましょう。