初めての御朱印集めガイド|マナーや基礎知識

名称未設定-1

DSC_0011_02 

御朱印とは元来、参拝者が写経し寺に納めた際にいただく印でした。

現在では納経しなくても、神社仏閣でおまいりした証しにいただくことができます。
それでは、ご朱印集めの基本をみてみましょう。

 

神社と寺院の違い

 

神社とお寺の簡単な区別方法は
「お墓のある所がお寺で、鳥居のあるのが神社」
もう少し詳しくお寺と神社の区別方法を説明しますと
「神社は神様が住む場所、寺院は僧侶が住み教義を勉強する場所」といえます。

 

神社の正しい参拝の仕方

 

1、鳥居の前で衣服を整え一礼


 お辞儀でご挨拶を(鳥居をくぐる前に一礼をします)
 参道の真ん中は神様の通り道と言われています
 神様の通り道をふさがないよう左右どちらかによって歩きましょう。

 

2、手水舎(ちょうずや、てみずや)で身を清める


1)右手で柄杓(ひしゃく)を持ち左手を洗う
2)左手に持ち替え右手を洗う
3)右手に持ち直し、左手で水を受けて口をすすぐ
 柄杓に直接口をつけないようにしましょう
4)口をすすいだ左手を清めるため、もう一度左手を洗う
5)柄杓を縦にして柄の部分を流す
6)もとの場所に柄杓を伏せて置きましょう

 

3、参拝をする


1)一礼し、お賽銭を入れて鈴を鳴らします
2)深く2回お辞儀をする(二礼)
3)右手が少し下になるように手を合わせ、柏手を2回打つ(二拍)
4)深くお辞儀をします(一礼)
 出雲大社、宇佐八幡は「二礼四拍一礼 」

 

深くお辞儀をする際にやること・・


神様にお願いごとではなく「誓い」をしましょう!
自分の名前と住所
神様へ感謝の言葉(いつもお見守りいただきありがとうございます…など)
お願いごとではなく誓いをお伝えする(~を頑張りますお見守りください…など我欲の願い事は×)

日々、生活ができていることを神様に感謝し、
我欲のお願いごとではなく、
これから頑張りたいことなどを神様に誓い、見守っていただけるようにお願いをします。

 

寺院の正しい参拝の仕方

 

1、山門の前で一礼


 お寺にある山門の敷居は踏まずにまたぎましょう。

 

2、手水舎で身を清める

 

1)右手で柄杓(ひしゃく)を持ち左手を洗う
2)左手に持ち替え右手を洗う
3)右手に持ち直し、左手で水を受けて口をすすぐ
 柄杓に直接口をつけないようにしましょう
4)口をすすいだ左手を清めるため、もう一度左手を洗う
5)柄杓を縦にして柄の部分を流す
6)もとの場所に柄杓を伏せて置きましょう

 

3、お線香を上げる


 お線香の香りは神仏の食べ物ですので
 他人の立てたロウソクから火を点けると、
 その人の「業」を貰い受けることになるので、点けないようにしましょう。

 

4、参拝をする


1)一礼し、お賽銭を入れて鈴を鳴らします。
2)胸の前で合掌して祈願する
3)一礼する
 柏手は打たないように注意しましょう。

 

御朱印がもらえるところ

 

≪神社の場合≫


全てではありませんが、神社ではいただけるところが多いようです。
宮司さんがいらっしゃるところではいただける可能性が高いです。
参拝をした神社で御朱印がいただけるか確認してみましょう。

≪お寺の場合≫


特に宗派で決まっているわけではありませんが、
関西以西に多い浄土真宗のお寺では出していないところが多く、難しいと思われます。
ご祈祷をされているお寺の多くはもらえるので、お寺に参拝した際にいただけるか聞いてみましょう。

 

御朱印代


寺社によって異なる所もありますが、一頁、300円の所がほとんどです。
お気持ちをお納めくださいと言うときは300円程度が良いでしょう。
お釣りは、一般的にはいただけますが、お釣りがでないよう予め小銭を用意しておくのがエチケットです。

 

朱印を依頼するタイミング


朱印はもともとお寺で写経をして、そのお経をお寺に納めた証として発行される証明書のようなものですので、現在は納経料を払えば、実際にお経を納めなくても書いてもらえますが、マナーとしてお参りの後に頂きましょう。
基本的には参拝してから朱印を書いてもらいますが、
お寺や神社によっては参拝している間に書いて頂けるところもあるようです。

 

御朱印帳をわすれた際


半紙で御朱印を授与いただくという方法があります。授与所で「今日は御朱印帳を忘れたのですが・・・」といえば、半紙に書かれた御朱印を授与いただくことができます。
半紙で御朱印をいただいた場合、一般的には、手持ちの御朱印帳に貼り付けることが多いようです。
また、半紙のまま、写真アルバムのように入れて保管する方法もあるようです。
管理する方法にルールはないので自己流の管理方法を見つけるのも一つの楽しみ方かもしれません。
御朱印帳を持ち歩くポシェットなどがあると、忘れるということも少なくなりそうですね。

 

まとめ


神様、仏様に感謝する気持ちを忘れずに、それぞれの神社・寺院のマナーを守り気持よく御朱印を集めましょう。

御朱印帳の持ち運びには御朱印帳を入れるポーチやケースがあると便利ですね。

DSC_0016