Monthly Archives: 1月 2017

江戸時代はエコ時代

現代はエコやリサイクルのことをよく耳にしますが、日本で(もしかしたら世界でかも)もっともリサイクルが盛んに行われていた時代を知っていますか。
答えは、もうタイトル通り江戸時代なのです。
江戸時代はリサイクルな職業も一杯ありました。そんな職業のことを少し書いてみましょう
 

まずは着物のリサイクル

現在でもお母さんが来ていた振り袖を現代風にアレンジをしてお子さんが着ていることをはありますよね。
しかし、江戸時代は古くなった着物を徹底的に再利用しました。
例えば、
着られなくなった着物をオシメや雑巾に使う。
それでも使えなくなったものは釜の焚付に使う。
残った灰は灰を買い取り業者がいて買い取っていったそうです。
買い取った灰は農作物の肥料や洗剤、染料、傷薬など使える万能品でした。
灰まで活かすところがすごいですね。
 

紙くずの再利用

今も廃品回収はありますが、使用済みの紙(古紙)は江戸時代から再利用されています。
使用済みの帳面や紙を古紙問屋に売る紙くず買いや、道端の紙を拾い集めて売る紙くず拾いという職業も合ったようです。
回収された紙は、漉き返してトイレで使われていました。
 

蝋燭の蝋を買い取って再利用

電気の無い時代、灯りの元は火ですよね。
行灯なら油、蝋燭は高級なので大名家や大店、料亭、遊郭などで使われていたようです。
蝋燭を燃やせば、蝋が溶けて流れていきます。その蝋も買い取り更に蝋燭に作り直す。
そこまでリサイクルをしていたのです。
 
 
 
その他にも瀬戸物接ぎ、鋳物接ぎ、雪駄直し、下駄直し、提灯の張替え、傘の張替え、人の排泄物も肥料として買い取られていたのですからすごい循環社会ですよね。
世界がエコやリサイクルを言う時代に私たち日本人の歴史にはこんな社会があったことを誇りに思って、少しでも江戸時代を見習ってみましょう。
 
私たちの販売する「のこりぞめ」も江戸時代にリサイクル社会にはまだ及びませんけど、再利用から出来た商品です。もしよろしければぜひご覧ください。
のこり染め

投稿日:

カテゴリー:ブログ